【食】アレルギー原因の食べ物を少しずつ食べる「経口免疫療法」の臨床研究参加の子ども、一時心肺停止に 横浜


イメージ画像
1: ばーど ★ 2017/11/14(火) 15:14:52.23 ID:CAP_USER9.net
横浜市にある病院で、食物アレルギーを治療する臨床研究に参加していた子どもが、重いアレルギー症状を起こして一時、心肺が停止して治療を受けていることがわかりました。病院は「最善の努力をもって対応していく」としていて、専門の学会は同じような事例が起こっていないか、全国の医療機関を対象に緊急の調査をはじめました。

食物アレルギーでは、原因となる食べ物を少しずつ食べることで治す「経口免疫療法」という治療法があり、横浜市にある神奈川県立こども医療センターでは、患者200人に対して入院させて安全を管理した状態でアレルギーの原因の食べ物の摂取量を徐々に増やし、退院後も一定量の摂取を続ける「急速法」と呼ばれる臨床研究を行っていました。

病院によりますと、ことし、この臨床研究に参加していた牛乳アレルギーの子どもが、入院を終え医師の指導のもと、自宅で牛乳を飲み続けていましたが、およそ3か月が経過して牛乳を飲んだ直後に重いアレルギー症状があらわれ、一時、心肺が停止して脳に障害が出て、現在も治療を続けているということです。

病院は、臨床研究に参加しているほかの患者に対し、変化があればすぐに連絡するよう注意を促すとともに、緊急時の対処法も改めて周知したうえで、「患者様・ご家族様のお心を察するに余りあるものがあります。この事態に取りうる最善の努力をもって対応してまいります」としています。

また、専門医で作る日本小児アレルギー学会にも報告され、学会では、食物アレルギーの診療を行っている全国330の医療機関を対象に、治療や実際に食べ物を食べて行う検査などの過程で、重い症状が出た事例がないか緊急の調査をはじめました。

調査を行う国立病院機構相模原病院の海老澤元宏医師は「どれくらい重篤な事案が発生しているのかその実態はよくわかっておらず、調査を通じてどこに問題があったのかや避けられることなのかなどを検討したい。臨床研究を行う施設には改めて安全を担保したうえで取り組んでもらいたい」としています。

■緊急調査の狙い

今回の緊急調査では、医療機関で重篤な症状がでたケースがどれくらいあるのか、実態を把握することに加え原因を探って、安全性を追求しようというものです。

調査では、全国の330の医療機関を対象に呼吸困難になるなど、気道を確保する緊急対応が必要になったケースや、集中治療室で治療を行ったケース、それに、脳の障害など重い症状にいたったケースなどを聞き取ります。

また、後遺症が残ったかどうかも調査し、それぞれのケースの共通点などから、原因を検討していくということです。

調査を担当する国立病院機構相模原病院の海老澤元宏医師は、「こうした治療は安全性を高めていく方策を模索してる段階で、研究的な取り組みだ。この調査の実施によって食物アレルギー診療に関わるすべての医療従事者は重篤なアレルギー症状が出ることがあるということを共通認識として持ってほしい」と指摘しています。

■専門家は

国立病院機構相模原病院の海老澤元宏医師は、「経口免疫療法」を受けている患者に対しては、この治療法では症状が出ないようにより安全な量で行うなどのさまざまな方法があり、不安に感じる場合は、改めて治療の安全性について、医師と相談してほしいとしています。

また、「栄養食事指導」を受けている患者について、アレルギーの原因となる食べ物の完全な除去は、逆にアレルギーを重症化させてしまうおそれなどが指摘されていることから、これまでどおり、医師の指導を受けながら必要最小限の除去を心がけてほしいとしています。

■食物アレルギーの管理・治療法

食物アレルギーは、卵や牛乳、それに小麦などの食べ物を摂取することで皮膚や呼吸器などのさまざまなところにアレルギーの症状があらわれるものです。

発症する患者の数は年齢が0歳の時が最も多く、その後、成長に伴って低下するとされていて、過去の研究では、乳児の5%から10%に食物アレルギーの症状が出たと報告されています。

そして、成長するのに伴って自然によくなる人もいて、それまでの間、医師などによる「栄養食事指導」という方法が一般的に行われています。

全文はソース先をお読み下さい

配信11月14日 15時02分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011222901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

5: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:25:18.35 ID:fYT4xuCg0.net
この治療法って危ないから入院前提の治療のハズ
自宅でやってたのかよ

52: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 16:20:47.89 ID:IH1BFqiG0.net
>>5
やっぱりそうか、違法確定

102: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 19:02:25.21 ID:pOUeWMqR0.net
>>52
入院して指導した後、分厚いマニュアル渡されて自宅で続きをやる。
最初はスポイト一滴程度から始める。
勿論エピペンも処方される。

うちの子もこの治験やったよ。
3歳から始めて、8歳の今年ようやく牛乳の制限解除になった。

124: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 20:39:46.93 ID:pipRZ04Q0.net
>>102
>入院して指導した後、分厚いマニュアル渡されて自宅で続きをやる。

親や子供がマニュアルを理解できなくて間違ったことをして心肺停止になった可能性はないの?

141: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 23:21:04.17 ID:IrxsqwOJ0.net
>>124
ウチはかなりガッツリとマニュアル読み込んだけど、他所のご家庭までは判らんなあ。
子供の命かかってるし(まあウチはそこまで酷くは無かったけど)、割とキチンと分量測ってマニュアル通りにやったな。

144: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 04:50:50.20 ID:X2HqkMH90.net
>>102>>141の言う通り、かなり厳格なマニュアルがあって、入院やその後も親子教室がある種類の治験だったと思う
半年くらい前にNHK番組でも取り上げていた
ただ見た感じ、親の負担や子の負担は重そうだった(親は摂取の判断、子は体力的な問題で)ので、真面目な家庭でないと続けるのは難しい感じがした

18: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:37:52.77 ID:pywJZAUp0.net
>>14
治ったから退院。安全になったから退院。 という話では無いよ。
本来 入院かそれに匹敵する管理下でやるべき治療を
自宅でやってみよう。っていう「治験」だろ。
>>5 はそういう事を言ってるんだと思う。

40: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 16:05:09.07 ID:YBMK6ENB0.net
>>18
患者は生活がある人間だからずっと入院って訳にもいかない
ここが臨床試験の難しい所
糖尿病の薬の副作用の低血糖とか

60: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 16:32:45.14 ID:pywJZAUp0.net
>>40
>>18 は >>14へのレスという事で。

治験関係については同意というか、理解してる。
結局リスクベネフィットなんだけど、今回の場合は
十分なリスク計算と安全のための想定がちゃんと
なされていたかどうかの検証が大事だね。

現時点では結果だけ見て叩くのも、擁護するのもできないと思う。

ただ、今回は対象が子供で同意が保護者というので、
色々複雑な思いがあるなあ。

7: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:27:44.30 ID:nG/fZhIM0.net
牛乳はアレルギー克服しなくても良くない?
小麦なんかだと食べるとものが大変だろうけどさ。

47: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 16:11:39.68 ID:i3ewe2MX0.net
>>7
牛乳使ってなさそうな食物でも調味料や原材料に入ってて例えばはま寿司かどっかのアオサの味噌汁は乳成分入りだった

158: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 06:48:22.98 ID:yRiVcOYc0.net
>>7
牛乳そのものだけの軽度ならまだいいが、重度だとパンやケーキ、チョコレート、クッキー、シチュー、チーズ…調理された物や原材料全滅になるよ。
下手すりゃ、ファミレスでハンバーグ頼み、隣で作ってるパフェのクリームが少し飛んだのにに気付かず食べて、アナフィラキシー起こす。
食べられる食材は多い方が安全。

15: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:35:54.80 ID:zyMoere20.net
昔はアレルギー持ちの子供は少なかったのに‥‥(´・ω・`)

31: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:53:58.40 ID:H7JPqfIO0.net
>>15
今みたいな処置せずに亡くなってたんじゃね?
昔は昔は~って言うならお前は当然花粉症とかじゃないわけだよな?

25: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:43:51.36 ID:TrsdDUyQ0.net
>アレルギーの原因となる食べ物の完全な除去は、
>逆にアレルギーを重症化させてしまうおそれなどが指摘されている

へー。

63: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 16:35:40.51 ID:YBMK6ENB0.net
>>25
杉花粉に関しては舌下免疫感作療法ってのがあって抗原に慣れさせる
これもまあ保険使えるけどそれなりにリスクはある

77: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 17:15:47.74 ID:8GQwJ7Jq0.net
>>63
この食物アレルギーの経口負荷しかも急速法と、杉花粉の舌下免疫療法(SLIT)とでは、
危険性はまったく比較にならない。

そもそも花粉で急死することはないが、食物アレルギーでは急死があり得るのだから。

26: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:44:39.96 ID:TkywsYQj0.net
小麦や牛乳は有名だが、米アレルギーどころか水アレルギーまであるし人体って不思議

27: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 15:49:40.14 ID:wd0cQlnF0.net
まあ実地にやってみないとしかたないとこがあるよな、人体実験だし

54: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 16:25:56.96 ID:f/d7Dglc0.net
逆療法って本来かなり乱暴なやり方だよね
病院で専門家が診てくれてるから大丈夫だろうと思ったのにこれか

111: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 19:20:27.07 ID:YCfMD/+/0.net
ぜんそく発作をおこした2日後に135ml飲んだみたいだけど
そういう体調悪い時にはやめといた方が良かったな

142: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 23:23:28.83 ID:IrxsqwOJ0.net
>>138
風邪引いたり体調悪い時は接種をお休みしなさい的なのも有った気がするんだよな。
ただお休みするとまた前の段階に元に戻ったりしたかも知れんから、それが嫌だったんかね。

140: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 22:01:46.66 ID:mzdKt+Fx0.net
>>111
そうか。体調が悪いときにアレルゲンを大量摂取してしまったのか

健常者でも体調悪いときには蕁麻疹が出たりするもんな
蕁麻疹もアレルギー反応、つまり体調が悪いとアレルギーが出ることが
あると思ったほうがいいわな

127: 名無しさん@1周年 2017/11/14(火) 20:52:48.60 ID:TLfCv7f+0.net
> 心肺が停止して脳に障害が出て、

サラッと書いてるけど、めちゃくちゃ重い事じゃねーかよ。

184: 名無しさん@1周年 2017/11/15(水) 17:17:57.37 ID:MIqsP8CR0.net
良くなったかなと思ってたら一気に来たのか
アレルギーって怖いな